阿部のカラーセラピーと占いカウンセリング【SEL+ 】

カラーセラピスト阿部のカラーセラピー・ルノルマンカード占い・カラーカード占い・数秘術/主に天王寺や難波の占い館、電話鑑定、出張セッション

*

4年前の今日占い館デビュー

   

カラーセラピストとして仕事し始めると同時に持った完全予約制のヒーリングサロンを閉店したあと、占い館という場所で初めて働き始めました。

4年前の今日でした。

天王寺の占いハウスクイーンの面接受けてHoopの面接受けてその後百貨店の研修受けて晴れて占いハウスクイーンに入店したのが、4年前の今日。
全部生まれて初めての体験でした。
研修で接客に向いてないと怒られたのも今となっては良い思い出です。最後に書類提出しに行く時に後ろの席の人の筆箱落としちゃって拾って謝ってたら、早く出しに来なさいって怒鳴られて出しに行ったら、来るのが遅い あなた接客に向いてないな、と怒られて50人以上は居たであろう会場の皆さんが振り向いたのを忘れない。皆さんあの時怒鳴られていたのは私です。周りの人に迷惑掛けてでも今社会人としてやるべきことは偉い人に書類を提出することなのだなと社会の厳しさを知ったのであった。それとともにそういう講師にはなるまいと誓ったのであった。時間が限られてるのは分かるけど前から見える距離で筆箱拾う1分もない時間を待ってくれなかったり理由も聞かずに頭ごなしに怒るのは違うと今でも思う。あのまま私は筆箱を拾わず謝りもせず一目散に講師に書類を提出しに行ったほうが良かったんだろうか。あとで拾いますごめんなさいと言いながら書類を持って走れば良かったんだろうか。接客とはなんだろう。時々思い出しては考える。
それはそれとして思い出深く、
ビル内が改装中で周りのショップがほとんど閉店しててポツンとクイーンがあった頃からお世話になってます。前にショップの無い通路を挟んでブースが並んでいました。1日に2、3人通りすがるお客さんはブースの入り口に掛かっている看板や、ブースの中にいる私たちを覗いて興味があればブースの外からカラーセラピーって何するんですか?と訊きました。毎回説明をして、10分だけ試してみようかなという方々にワンカードを選んでもらって心理状態や現状を感じたままに伝えていました。好きな人の気持ちを知りたいという相談の方には、好きな人をイメージしながら一枚選んでいただいて好きな人の心理を読んでいました。選んでもらった色で占っていました。現在しているカラーカード占いとは全く異なる、心理分析のようなものでした。カラーセラピーとも違いました。
初めてのお客様は今もリピーターさん。なんと、カラーセラピーをしてみたいと仰った方。占いのお店なのに。泣きそうになりながらお礼を伝えてセッションを始めました。今までみてもらった占いのなかで一番良い。先生、面白いキャラですね。と笑ってくれました。
あれから4年、一気に駆け抜けてきました。
入店前に持ってたサロン時代のリピーターさんが来てくださったり、一度体験したお客様がお友達やご家族を連れてきてくださいました。
カラーセラピーしか出来ない私のところに通ってくださる方々や興味を持ってブースに入ってくれた方々のおかげで数ヶ月してお客様からの紹介でお客様が増え始めそれ以来有難いことに売上は一位のままここまで来れました。お客様が増え続け行列も出来ていた頃にオーナーがお店のホームページにおすすめのセラピストとして売り出そうと提案してくださいました。当時、ホームページを担当していた占い師さんがすぐに載せてくださいました。その後もお店の代表として新聞社の取材を受けたりイベントに参加したりしました。そのおかげもあって今では休憩も取れないくらいたくさんの方とセッション出来ています。
カラーセラピーしかできなくても接客が苦手でも働ける場所がある。私と会って話したい人たちがリピーターとして来てくださる。周りの人たちに紹介してくださる。
とても、嬉しいです。
ありがとうございます。
精一杯心を込めて、全身でお話を聞いてクライアントさんの幸せを心から願って、占いやカラーセラピーをしています。
5年目。
これからも周りの皆様に感謝しながら私の出来る限りの力で歩いていきます。
いつもありがとうございます。

 - つぶやき, 日々